慢性疲労と疲れの知識

この記事の所要時間: 451

慢性疲労とは?

慢性疲労とは読んで字の如く「慢性化」してしまった疲労のことで、通常の疲れと違い、1日や2日程度の休息では癒すことができない疲れのことです。強い疲労感を伴い、発熱や全身の倦怠感など、風邪の様な症状が出て寝込んでしまうこともあります。症状が悪化すると、ベッドから起きることができなくなったり、人との会話が困難になるといった症状も現れてきます(慢性疲労症候群)。

日々の疲れやストレスを溜めやすい現代社会のあり方こそが、慢性疲労の大きな原因の一つであるといえますが、仕事をする上で疲労やストレスは避けては通れないものでもあります。

この項目では、どのような状況で慢性疲労が溜まっていくのか、慢性疲労によってどのような症状が現れるのかを中心に、「疲れないための生き方・働き方」についてを説明しています。

目次

慢性疲労の原因

自分に無理をさせない働き方

活力が出ない人の特徴

うつむき症候群とは?

自分の疲れのパターンを知る

疲れを軽減する考え方

慢性疲労の回復と予防

慢性疲労に関するニュース

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする