物事が上手く運ばないのは誰のせい?

この記事の所要時間: 242

複雑化する人間関係において、何故か上手く行かないという場合があります。学生にしても職場にしても、集団生活を送る場では、人と人との関わりに関する様々な問題が発生します。

時には意見が食い違い、激しい口論になることもあります。考え方は人によって様々ですから、自分の考えを相手に押し付けようとしても、歪が発生するだけです。

一人ひとりには問題は無いのに・・・

意見が対立し、収集がつかなくなれば、当然ですが上司や仲間が仲裁に入ることが自然です。

そして、それぞれの言い分を聞くことになるのですが、お互いに意見を主張しあっていたはずなのに、一人ひとりにじっくりと話を聞いてみると、皆それぞれにお互いのことを考え、気を使っているのです。

「自分の言い方にも問題があった」とか、「相手の意見にも同意できる部分はあった」というふうに、他人を思いやり、反省していることが多いのです。

この様に、一人一人はみな良い性格なのに、集まって意見を交わすと上手くいかなくなる。この「現象」とでもいうべき不思議な光景は、中小零細、大企業であっても同様に繰り広げられているのです。

人間関係とは、お互いが相互しあって作用するものです。意見の食い違いや対立があったとしても、誰が悪いというわけではありません。また、そういった人を特定することも難しいでしょう。

しかし、意見が対立する「きっかけ」は、どこからとも無く現れてきます。そして、この「何か」は、決まって二人以上の集団の現場に現れます。

人は他人を思い通りに動かしたがる

その「何か」とは、やはり「他人を自分の思い通りにしたい」という欲求からくるのではないでしょうか?

「人間関係を円滑にうまくやりたい」と考える場合、その考えの裏には、他人に対して「自分の思うようになってほしい」という欲求が隠れています。どの様な綺麗事を並べたとしても、自分が最も理想とする人間関係を実現させるためには、自分の都合のいいように他人が動いてくれることを望むわけです。

上記は、他人は自分の思い通りにはならないの中の、「自分にとって都合の良い他人は存在しない」の項目から抜き出した一文です。太字で強調した部分が、物事が上手く運ばない原因の一つであると考えられます。

人は、人に対して「自分の思いや考えを理解してもらいたい」と強く思います。それは、言い換えれば自分にとって「都合の良い他人」を作り上げることなのです。

しかし、他人は自分の都合が良い様には動いてくれません。集団生活の中で意見が対立する場面を見てみても、お互いに「自分を理解してほしい」と考え、それを相手に押し付けようとします。

そこに摩擦が生じて対立が生まれ、意見の食い違いが発生してしまうわけです。お互いに同じ方向を向いて、一つの目標に邁進することが決まっていたとしても、その実現の方法などで対立は発生してしまいます。

人は、他人が自分の思い通りに動いてくれなければ、強く不満に思ってしまいます。それは誰もが持っている感情であり、その感情を上手にコントロールできる人は、得てして良好な人間関係を構築することができています。

物事が上手く運ばない一番の原因。それは、他でもない、自分自身の心の中に潜んでいるのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)