他人は自分の思い通りにはならない

この記事の所要時間: 235

「何を当たり前のことを」と、見出しを見て思った方は少なく無いでしょう。しかし、この事実を分かっていない(知らない)人は以外にも多く、また、分かっていたとしても、「他人を自分が思うように動かしたい」と考えている人も多いのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

自分にとって都合の良い他人は存在しない

「人間関係を円滑にうまくやりたい」と考える場合、その考えの裏には、他人に対して「自分の思うようになってほしい」という欲求が隠れています。どの様な綺麗事を並べたとしても、自分が最も理想とする人間関係を実現させるためには、自分の都合のいいように他人が動いてくれることを望むわけです。

しかし、実際には自分が思うように他人は動いてくれません。それはありえないことなのです。特に、他人とはこの世で最も自分の思い通りにならない存在です。親族ですら、他人程ではないにしても思い通りには動いてはくれません。

なぜそうなるのか?それは、他人もあなたに対して「こうしたい」とか「ああしたい」と考えているからです。「こうあってほしい」とあなたに望む事に対して、あなたも他人に「こうあってほしい」と考えているわけです。

他人と自分、それぞれの「こうあってほしい」が一致することはまずありません。利害が一致しない以上、意見は対立して軋轢(あつれき)を生みます。これが、人と人がうまくいかない理由の大きな要因の一つとなります。

関連記事:良好な人間関係を築くためにまずは相手のことを知る

お互いの欲求を調整する方法

人間関係が円滑に見える人や、コミュニケーションのとり方がうまい人は、「他人は自分の思い通りにはならない」と良く理解した上で、不満に思うことがあっても「まあいいか」と、良い意味で「諦める」ことが出来る人が多いようです。

もちろん、この様な思考を持つことができる人であっても、他人を自分の思い通りに動かすことができればいいなと考えています。

しかし、思い通りにならないことを理解していますし、それを「仕方がない」と割りきることができるため、他人との争いを出来るだけ少なくして、お互いにストレスを溜め込まないような人間関係の構築に成功しているのです。

この段階に至るまでに、様々な苦労をしてきたことは言うまでもありません。しかし、そういった経験があったからこそ、人との対立や軋轢を生まずに、お互いに「勝った負けた」が無い状態をつくり上げることに成功したのでしょう。

他人が自分の思い通りにならないからといって、対立や争いばかりしていれば、ストレスや疲れは溜まる一方です。しかし、お互いに「平等」であると考え、時には自分から「与える」ことで、人間関係は良い方向に向かいます。

自分の利益ばかりを求める考えでは、他人を自分の思うように動かすことが頭から離れなくなってしまいます。自分のことばかりを考えるのではなく、どうすればお互いの利益のために協力できるのか?を考えるようにしてみましょう。

先ほどにも少し触れましたが、「まずは与える」という思考と感覚を身につけることで、円満でスムーズな人間関係を築くための足がかりとなるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)