疲れには「仕事の疲れ」と「重い病気の疲れ」がある

この記事の所要時間: 240

疲れには種類があり、「体が疲れる」という、体力的な疲れと、「精神的に疲れる」という、心の疲れ(気疲れ)があります。さらに、何かしらの病気からくる「病的疲労」があります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

風邪の引き始めによる疲れ

誰もが経験する一般的な疲れは、風邪の引き始めによる疲れではないでしょうか?体がだるい、体を動かすのがしんどい。熱を計ってみると微熱があった・・。そして、微熱だったものが38度を超えて、ここで初めて「風邪」による疲れだったと分かります。まだ微熱の段階では、体のだるさは仕事からくる疲れなのか、病気によって出ているのかが分からない場合があります。微熱の段階では、まだ判断がつきにくいものです。

もちろん、用心に越したことはないので、体のだるさを感じたら、早めに家に帰って暖かくして寝ることが大切です。単なる仕事による体の疲れであれば、たっぷりと睡眠をとれば翌日は元気になっています。でも、風邪であれば、翌日もだるさは続き、微熱も引かずに残ります。

また、翌日に風邪だとわかったとして、ここで無理をするのは危険です。風邪は万病の元で、無理をしたことで、風邪が重病化してしまうことだってあります。肺炎等の思い病気になってしまうこともあります。

重い病気による疲れ

肝臓や腎臓に何かしらの異常がある場合でも、疲れが出ます。肝臓は食べ物から摂取した栄養素を、活動エネルギーに変換し、貯蔵する重要な役割を持っています。そして、体内に入ってきた有害物質を分解・解毒して、体外に排出する役割も持っています。

腎臓は皆さんもご存知のように、血液をろ過して尿を作り、老廃物を体外に排出する役割を持っています。

このように、肝臓や腎臓の機能が病気によって、何らかの影響を受けてしまえば、エネルギーの代謝が落ちて、有害物質や老廃物が体内に残り、疲れやだるさといった体の変調が現れてきます。

糖尿病でも、インスリンの働きが悪くなるために、栄養素をエネルギーに変換することが出来なくなり、疲れや体のだるさといった症状となって、表に出てきます。

悪性腫瘍(ガン)が発生していれば、さらにこの疲れやだるさが顕著となります。一般的にガンと聞けば、痛みを連想しがちですが、実際には強い疲労感が体を襲ってくるといいます。

血液の循環が悪くなっても、体内に栄養素を届ける事が出来なくなり、「疲れ・だるさ」を感じるようになります。この場合は、血液を全身に届ける役目を担っている、心臓の機能が弱まっている可能性があります。

仕事の疲れと決め付けて甘くみてはいけない

上記で書いたように、疲れには種類があり、仕事等による体力的な疲れであったり、病気からくる疲れであったりします。ここで気をつけておきたいのが、自分で勝手に「仕事による疲れだ」と判断してしまうこと。一日寝れば大丈夫とか、徹夜が続いたり、仕事が詰まっているから精神的に疲れているんだと、自分で自己判断しないことです。

もし重病からくる疲れであれば、発見が遅れてしまえば、最悪命を落としかねない状態となってしまいます。自分の体の事は自分が一番よくわかっていると思わずに、早めに病院の診断を受けて、「疲れの原因」を突き止めることも重要となります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)