全力ではなく80%の「ほどほど人生」で幸せに生きる

この記事の所要時間: 250

人間、何事も100%の全力で物事にあたってしまうと、とても疲れてしまいます。完璧を求めてしまう人は、何事においても100%を求めてしまいますが、それは仕事だけに限らず、自分の趣味であったり、他人の仕事ぶりに対しても完璧を求めてしまいがち。しかし、完璧を求める人は、挫折しやすい傾向にあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

90%の達成でも不満が残る

なぜなら、どれだけ頑張って完璧を求めたとしても、「100%」を実現することは非常に難しいからです。自分の中では完璧であったとしても、その結果が他人の目から100%に見えるかどうかは分かりません。

しかし、結果として90%を達成していれば、その成果は失敗とはいえないでしょう。ですが、完璧を求めてしまうと、「これは失敗だ」として、不満が残ってしまうわけです。

一方、80%の「ほどほど」で物事に望んだ場合であればどうでしょうか。もちろん、全力を出していないからといって、いい加減に物事にあたるというわけではありません。「相手も納得するだろうと」考えられるレベルでしっかりと物事にあたり、その成果が相手に認められれば、それは成果としては「100%」になるわけです。

また、時にはほどほどの成果が、相手にとっては120%の結果になるということもありえます。もちろん、先ほども触れたような「いい加減」な気持ちで事にあたっていては、この結果は得られるものではありません。

関連記事:80%を良しとする考え方で疲れを軽減する

考え方ひとつで真逆の結果が生まれる

人生は時に残酷で、自分の思い通りに物事が運ばないことも多いのですが、だからといってその結果を得て、「自分はダメな人間だ」と思い込むのと、「これはチャンスだ」と考える人間とでは、その後の結果に大きな違いをもたらします。

例えば会社を首になったとして、「自分はダメな人間だ」と思うのか?または、「時間に余裕が出来たから、この時間を利用して何か勉強を始めよう」とか、「今日が新しいスタートだ」と考えるのか?後者の様な前向きな気持ちであれば、ピンチを人生の岐路と捉えて、新たな一歩を踏み出すこともできるはずです。

しかし、何事も完璧を求めてしまうと、前者の様に「自分はダメな人間だ」と、自分を卑下し、大きな挫折を感じてしまうことになります。その結果、うつ病等の心の病を抱えてしまう可能性もあるのです。

何事も「ほどほど」を望むようにすれば、給料に不満があったとしても、仕事の内容に満足していたり、良好な人間関係や円満な家庭を築き上げていれば、我慢することもできます。

不満な点ばかりを見るのではなく、自分が現状置かれている立場を客観的に見直し、幸せであることを見つけるようにすると、2倍も3倍も幸せな人生を送ることができるかもしれません。

同じ状況であったとしても、その出来事を「不満」と思うのか、「ほどほど」と思うのかで、得られる結果に大きな違いが出てきます。全力で物事に当たり、仕事が趣味だ、仕事が生きがいだと言い、責任を全うすべく仕事に打ち込んだ結果、大切な体を壊してしまっては意味がありません。

そうならないためにも、「何事も程々に。80%の結果を人生に求める」ようにして、常に心にゆとりを持てるようにしてください。生まれた心のゆとりは余裕を産み、その余裕がストレスの軽減や疲れにくい体をつくり上げるのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)