基本に徹すればコミュニケーションはうまくいく

この記事の所要時間: 134

「他人と上手に接する事ができない」と感じている人の中には、人と話すには何か高度なテクニックがあり、「自分がそれを持っていない」からと考える人は少なくありません。しかし、これは大きな勘違いであるといえます。

その手のプロは基本を大切にしている

コミュニケーションのとりかたが上手な人に共通している点は、「基本を大切にしている」ということです。この「基本」部分を知っていれば、相手とスムーズに対話することができます。一見すれば高度なテクニックを持っているように見える人でも、この基本部分を徹底しているに過ぎません。

ここでいう基本のことは、野球のキャッチボールで例えられることが多いですね。キャッチボールを円滑に進めるためには、まずはなんといっても「相手が捕りやすいボール」を投げることです。そして、そのボールを「相手がよそ見しているとき」に投げてはいけません。

そして、この「捕りやすいボール」をちゃんと投げることができているのかどうか?相手が捕りにくい球を投げてはいないか?無理をして、変化球や速い球を投げる必要はありません。

野球のキャッチボールは、相手が捕球しやすい球をコントロールよく、ミットをめがけて投げることが基本中の基本です。コミュニケーションにおいても、この基本は同じなのです。

そして、キャッチボールでも会話でも、相手が捕りやすいことを意識しながら(言葉を)投げているうちに、そのうちの何度かは素晴らしい球がいきます。会話の達人やコミュニケーションのプロは、この基本を徹底することで、グローブの「ど真ん中」に球(会話)が行く確立を高めているのです。

この様に、基本が無ければ応用はありません。これはコミュニケーションだけに限ったことではなく、仕事の現場でも「基本をコツコツ」と大切にしていくことで、ひいては自分が疲れない働き方に直結してくるのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)