人は相手によって自分の出し方を変える

この記事の所要時間: 27

例えば、とある人物に対して二人の人間が人物評価を話し合った場合、お互いの評価が食い違うということが良く起こります。

Aさんがその人に対して感じたことは「とても面倒見が良くて相談のしやすい兄貴肌の人」であるのに対して、Bさんの人物評は「堅苦しくてとっつきにくい人」だと、それぞれで全く違う見解となることがあります。

なぜこの様なことが起こるのか?それは、人は相手によって自分の出し方を変えることがあるからです。そして、それは自分自身にも当てはまります。

人は相手によって違う自分を見せてしまう

ある人に対しては好意的に、素直になれる自分がいる一方で、少し苦手と感じる人の前では、素の自分を隠すように接してしまう。自分の中では同じように接しているつもりが、無意識のうちにそれぞれの人に対して「違う自分」を見せているわけです。

会社の中だけで付き合いのある友人と、昔から付き合いのある友人とでは、多くの人は同じ様な接し方にはならないでしょう。会社の同僚からは「頑固な人」という印象を持たれているのに対して、昔からの友人には「素直なやつ」と評されます。

どちらも同じ「自分」であるのに、まったく真逆の評価を相手に与えているわけです。その結果、冒頭でも例に出したような印象の違いが出てくるのです。

第一印象だけで人物評価をしない

私達は、相手から受ける一部の印象だけを手がかりにして、自分勝手な人物評価を行いがちです。そして、その印象を他人に押し付けてしまう事も少なくありません。

「あの人はなんだか冷たい感じがして頑固に感じる」といったように、その人の一部分だけをクローズアップして、「この人はこんな性格に違いない」と勝手に決めつけてしまいます。

苦手な人と上手に付き合っていく方法は、苦手な人に対してどの様な気構えでもって接していけば、上手に付き合っていけるのかを説明した記事となりますが、人間関係がどうにもうまくいかないと悩んでいる人は、自分が相手に対して「勝手な人物評価」を行っていないかを考えてみましょう。

もしかすると、相手のことを良く知りもせずに一方的にマイナスなイメージをもってしまい、「苦手な人」のレッテル貼りを行っているかもしれません。

第一印象は大切とはいいますが、その人のことをよく知ることで、最初とはまったく違う印象となる場合も多いのです。

変な先入観と苦手意識を持たないように接してみて、その人の「素直な自分」を引き出せるようになれば、現状の人間関係もより良いものとなっていくはずです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)