真面目な性格の人の特徴とは?生真面目に生きることは損なのか?

この記事の所要時間: 528

真面目な人ってどんな人?そんな疑問について書かれた記事を紹介したいと思います。男性であれ女性であれ、自分の性格って少し真面目すぎる?という疑問を持っている方や、自分は不真面目だと自覚がある人も、一度目を通してみると自分に対する別の評価が出てくるかもしれません。

“真面目な性格”は損? 真面目な人が打ち明ける5つの悩み”

「真面目」とは「1.うそやいいかげんなところがなく、真剣、本気であること。2.真心のあること。誠実であること。」とあります(大辞泉、Yahoo辞書より抜粋)。「真面目な性格」とはまさに模範ですが、当人に聞いてみると「損をしている」とも言います。実際どんな場面でそう感じるのでしょうか。今回は「自分は真面目だ」と自負する20~30代男女に、真面目な性格で損したことを聞いてみました。

■「そんな人だとは思わなかった」

「ふだん真面目にやっていると、ちょっとしたミスや失敗で『そんな人だとは思わなかった』という評価を受ける。逆にふだん不真面目な人は『ああ見えて意外と真面目』という評価を受けたりしている。真面目なやつが生きづらい」(30歳/男性)

これは現実よくありますね。ですが、本質的な真面目さを自分の大切な人たちが理解してくれたら、それは素晴らしいことではないでしょうか。

■「仕事をどんどん任される」
「どんどん仕事を任されてしまう。やることは膨大で気を抜けないのにお給料は変わらないし、真面目だと思われていることがプレッシャーに感じることも多々。もっと要領良く立ち回ることができたら良いのだけど」(34歳/女性)

信頼されているのですね。期待に応えて仕事をこなすのは自分の実になることですが、できないことは「できない」とハッキリ言うことも大切です。

■「モテるのは不真面目な男が多い」
「女性にモテるのはなぜか不真面目で軽い男が多く、真面目な男はモテない人が多いように感じる。真面目がこうじてカタブツだと思われてしまっているのか、俺の周りの真面目な男はモテない」(37歳/男性)

「誠実な男性が好き」という女性もたくさん居ますので、誠実さをアピールできれば強みになると思います。実際、不真面目な男性に傷つけられてしまう女性も世の中には多いので、女性陣も見る目を磨かないといけませんね!

■「考えすぎてしまう」
「友人関係でも職場の人間関係でも、考えすぎてしまいます。ある問題に真剣に向き合っている間に、周りはケロッと忘れて問題がうやむやになっていたり、いつもひとり相撲をしているような感じ」(25歳/女性)

その真面目さが問題を解決したり、人の力になることもあるはずです。ひとりで抱え込まず、ときには投げ出したり、上手に人に頼ることができれば良いですよね。

■「信じて裏切られてしまうことが多々」
「ビジネスでも、恋愛などのプライベートでも、人に裏切られてしまうことがたくさんあります。周りには『真面目で人を疑うことを知らなすぎる』と言われるのですが、それって悪いことじゃないはずなのに、損だなぁと思います」(27歳/女性)

なんでも疑ってしまうことは悲しいですが、現実では裏切りや、結果的に裏切りになってしまう物事はどうしても存在します。失敗にとらわれることなく、前を向いていきたいですね。

狭い範囲での損得勘定だけで見れば、「真面目に生きること」が損に感じることもあるもの。ですが大きな目で見れば、一見「損」だと感じることにも多くの学びが隠れているものではないでしょうか。抱え込みすぎてつらくならない程度に、ときには力を抜いて、真面目な自分を「愛おしい」と感じ、「よく頑張っているね!」と褒めてあげたいですね。

引用元:”真面目な性格”は損? 真面目な人が打ち明ける5つの悩み

それでは、上記について1つずつ見て行きましょう。

※元記事が削除されていたのでキャッシュページのリンクを貼っておきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

気がつけば余計な仕事が増えている

「仕事をどんどんと任される」ことは、一見すれば「信頼されているから」ととれますが、頼む人の裏側をのぞいてみれば、「この作業、面倒だから誰かに頼んでやってもらおう」という、自分が楽をしたいがために「仕事を任せる」というパターンも少なくありません。

何事においても考えすぎてしまう

「考えすぎてしまう」のは、まさに真面目な人の大きな特徴でもあります。ほんの些細なミスであっても、「どうしよう」とか、「どうやって挽回しよう」といったように、深く考えすぎてしまうのです。

⇒几帳面で真面目な人は疲れやすい

また、真面目な人は、そのような「小さなミス」であっても、ずっと引きずってしまう傾向にあります。一つの小さなミスに気を取られて、さらに別の仕事でミスを犯すといった悪循環にも陥りやすいのです。

人に裏切られることが多い

「信じて裏切られてしまうことが多々」ある。「多々ある・・・」という部分に、真面目すぎる人の特徴が現れていると思います。1度や2度くらいなら、誰でも裏切られたことはあるでしょう。しかし、真面目すぎない人であれば、「次からは気を付けよう」と身構えるようになるはずです。

しかし、真面目すぎる人は、誰に対しても優しく疑うようなことをしない善人が多いのも事実。また同じように信じては裏切られ、それを繰り返してしまう傾向にあるようです。

真面目すぎる人は常に疲れている

紹介した記事を見ていると、真面目に生きることが損であるともとれるような印象を受けますが、確かに「真面目」も過ぎると疲れやストレスも溜め込みやすくなり、人生においてもマイナスとなる事例に出会うことも少なくありません。

また、真面目過ぎる人に加えて、優しい人も要注意です。優しい人の特徴の記事の中では、心の優しい人程疲れやすいということを書いています。

心の優しい人と真面目な人は、「良い人」に多い傾向にありますので、普段からなんだか損をすることが多い・・・と感じている人は、時には人からの頼みを断ったり、不真面目であることも許容できるような心の度量も必要であると考えるようにしましょう。

自分ばかりが疲れてストレスを溜め込んでいくような生活を送っていては、いつか心身ともに疲れ果ててしまいます。時には「楽をする」ことを考え、多少なりとも「不真面目」であってもよいのです。皆、そうやって日々のストレスや降りかかる災難から逃れているのです。

疲れる人生を自ら選んではいけない

スポンサーリンク
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)