睡眠とストレスの知識

この記事の所要時間: 20

睡眠とストレスは、うつ病と密接な関係があります。過度のストレスがうつ病発症のきっかけとなったり、睡眠不足が続けば疲労が蓄積し、蓄積した疲労は慢性疲労となり心身を蝕んでいきます。そして、継続した慢性疲労はうつ病の発症リスクを高めてしまいます。

睡眠不足であると感じている人や、強いストレスを日常的に受けているという方は、そうではない人と比べて、心の病に直結する可能性が高まってしまう可能性があるのです。

目次

睡眠について

ストレスについて

睡眠とストレスに関するニュース

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする