体内時計は25時間リズムで繰り返されている

この記事の所要時間: 137

ある実験で、洞窟のように真っ暗な空間で、生活をしてもらうという実験が行なわれました。そして、その環境では、時計やラジオ、テレビといった、時間がわかってしまうようなものは一切ありません。辺りは真っ暗なので、現在が昼か夜かも分からないような環境です。

閉所恐怖症の人には想像に絶するような実験だなと思いますが、この実験で面白い結果が分かりました。それは、人間の「起きて、食べて、寝る」という1日の営みが「25時間」のリズムで繰り返されていることがわかったそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1日は24時間 体内では25時間

誰もが知っている常識ですが、1日は24時間です。でも、体内では25時間のリズムが繰り返されています。ですから、私達は毎日、意識的に体内時計の針を、1日24時間のリズムに修正しなければなりません。眠くなったから寝る、目が覚めたから起きる、お腹が空いたから食べるといった生活を惰性的に行なっていると、1日24時間の生活のリズムから、どんどんとずれていくことになるからです。

「朝起きるのがつらい」というのは、誰もが経験したことがあると思います。これは、私達の体内時計と、太陽の運行による時計とに、「1時間」のズレがあるためにおこる現象です。体はまだもう少し寝たいのに、仕事があるので無理やり起きなければいけません。それが「つらい」のです。

寝つきが悪い夜というのは、毎日規則正しく快眠している人でもあるでしょう。でも、この「寝つきの悪い夜」も当たり前の事なのです。体内時計では「まだ寝る時間ではない」のに、無理やりにでも寝ようとしているわけですから、寝つきが悪くなって当然なのです。

しかし、そのような寝つきの悪い夜であっても、毎夜、同じ時間に睡眠に入れるように、生活上の工夫を行なう必要があります。そうでなければ、私達の生活は、1日24時間のリズムで運ばれていかないのです。

>>睡眠覚醒スケジュール障害とは?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)