ストレスは睡眠の質を悪くする

この記事の所要時間: 133

現代社会では、もはやストレスの無い生活を送るということが不可能に思える程、ストレスを身近に感じながら生活しています。そして、このストレスが過剰になってしまうと、よく眠れないという症状が現れてきます。

睡眠時無呼吸症候群ナルコレプシーの人程、強烈な眠気に襲われて、居眠りしてしまうということは無いかもしれませんが、それでもやはり、頭はボーッとしてしまい、体がだるくて、仕事の効率も上がってこない様な状態が続きます。

そういった意味でも、日頃のストレスを解消することは、よい眠りを得るコツでもあり、「疲れを溜めない生き方」を送る上でも、大切なことです。

冒頭でも書きましたが、現代社会に生きる以上、ストレスは切っても切れない関係です。まったくストレス無く働くということは、現実的には難しいでしょう。だからこそ、ストレスと向き合い、上手く付き合っていく必要があります。

仕事のことで悩みがあったり、人間関係で悩むということは、誰でもあります。悩みが深くなってくると、「悩んでいるのは自分だけだ」と考えるようになってしまい、さらに深みにはまってしまいます。

しかし、悩みというのは程度は様々ですが、みんなが抱えているものです。あまり深刻には考えず、できるだけ楽観的な気持ちを持つようにしたほうが、ストレスを感じずに済みます。

悩む前に気分転換を行なう

悩むよりも、息抜きに外へ出てみたり、温泉に入ってみたりといった気分転換を行なうようにしましょう。運動で汗を流すのもいいと思います。そして、悩みは一人で抱え込まずに、思い切って誰かに相談することも大切なのです。

また、夜寝る際に、悩みについて考える事もストレスを溜める原因となり、良い眠りとはなりません。時には「明日には明日の風が吹く!」と開き直ってしまうことも、ストレスを溜めないコツなのかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)