「パジャマが普段着型」の人の睡眠パターン

この記事の所要時間: 132

睡眠時間が定まらずに、起きたり眠ったりする生活を送る人が居ます。睡眠の時間帯が不規則で、1日の中で、眠ったり、起きたり、活動をしたりといった時間配分がバラバラになっているパターンです。このような「パジャマが普段着型」になっている人は、自宅で仕事が出来るフリーの立場の人や、子供がいない主婦、子供が独立した家庭の主婦、定年退職者などによく見られます。

実は、かくいう私も、フリーランスを経験したことがあり、このような「パジャマが普段着型」になっていた時期がありました。2005年の後半から、自宅から事務所を移した2007年の夏頃までです。この間は、作業の間は起きて、2,3時間の仮眠を取り、また作業を行なう・・。徹夜も当たり前で、二日起きて少し仮眠を取り、また徹夜するといった用に、かなりの無茶をしていました。

朝も夜も無い様な生活です。体は元々強い方ではありませんでしたが、その間は体調も崩し気味で、事務所を持ってからも、なかなか生活リズムが元に戻らず苦労したものです。

さて、このような睡眠パターンになってしまうと、時間の感覚が相当にぶってきます。朝、太陽が出ると同時に眠気が来てしまったり、夜中の2時に目が覚めてしまったりと、体内時計と実際の時間とがズレにズレてしまいます。

ここまで生活リズムが崩れてしまうと、起きている間も頭がすっきりとせず、体がいつもダルイような状態です。外出するのも億劫となり、仕事場であるPCの前から殆ど動かない生活となります。

当然、運動不足にもなるので、ますます体調は悪くなっていくわけです。その当時はそれほど大きな病気にはかからなかったのですが、まだ若かったということもあり、体力で無理やり乗り切っていたように思います。このまま当時の環境を続けていれば、今頃大きな病気になっていたかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)