寝る前に5分間だけ行なう頭皮ツボマッサージで質の良い睡眠を

この記事の所要時間: 241

質の良い睡眠を取る事は、ストレスや体の疲れの軽減にも大きな影響を及ぼします。しかし、誰もが質の良い睡眠を毎日得ることが出来ているわけではありません。

そこで、不眠や頭痛といった不調に悩まされている方にオススメの「頭のツボマッサージ」をご紹介します。ぐっすりと眠ることが出来ない・・と感じている方は、一度行なってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

就寝前の5分間で行なう頭皮マッサージ

入浴で頭皮の毛穴のつまりをしっかりと取り除いた後、就寝前に以下で説明しているマッサージを行なってみてください。頭には多くのツボが存在しているのですが、それらのツボを押すことでリラックス効果と共に、質の高い睡眠を得る効果が期待できます。

不眠や頭痛に効果的な「百会(ひゃくえ)」

百会(ひゃくえ)は、左右の耳を結ぶ線と顔の中心線が交わる頭頂部のほぼ中央にあるツボです。両手の「中指」をツボに当てて、心地良く感じる強さで数回押してください。注意点として、あまりにも強く押し過ぎないようにしましょう。

ツボの場所が分かり難いという方は、Googleの画像検索が便利です。以下も参考にしてみてください。

>>百会 ツボ(画像検索)

 「太陽(たいよう)」を押し上げる

太陽(たいよう)は左右の目尻とまゆ尻の中間の少し外側(こめかみ付近)にある、目の疲れに効果的なツボです。親指をツボに当て、少し圧をかけながら上に向かって引き上げ、その後ゆっくりと離します。これを数回繰り返してください。

>>太陽 ツボ(画像検索)

完骨、風池、天柱の3つのツボを刺激する

首の後ろにも多くのツボが存在していますが、親指を首の後ろに回して、耳の後ろのとがった骨の名前にもなっているツボ「完骨(かんこつ)」と、冷え症に効果がある「風池(ふうち)」、そして肩から頭を支える柱という意味の「天柱」を押します。

少し痛気持ちい程度の強さで数回押し上げるようにしてマッサージします。これらのツボを押すことで、肩凝りや目の疲れの緩和に効果的と言われています。

髪の毛を掴んで上に引っ張る

少し荒っぽい方法と感じるかもしれませんが、髪を何カ所かに分けて掴んだ後、「頭皮に対して垂直」に数回引っ張ります。これは、頭皮を動かすことによって頭皮の緊張を和らげることに繋がり、髪の毛も丈夫になる効果が期待できます。ただし、薄毛や抜け毛に悩んでいるという方は行なわない方が良いでしょう。

耳の上をマッサージ

最後に、手首のつけ根を耳の上に押し当て、グルグルと押し当てるようにマッサージします。コツとしては、手首の付け根を引き上げる際に力を入れると良いでしょう。個人差がありますが、気持ちの良い程度に数回繰り返しすようにしてください。

以上、簡単ではありますが、寝る前の5分間で出来るマッサージを紹介してみました。これらのマッサージを行なうことで、その日の緊張を適度に解して、眠りの質を向上させる効果が期待できます。

ただし、こういったマッサージを行なっているにも関わらず、不眠や頭痛といった症状に悩まされている場合は、他の疾患を抱えている可能性もあります。そういった場合は我慢せずに、一度病院の診察を受けることをオススメします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)