疲れとストレスは心と体を壊してしまう

通常の疲れと違い、少し休んだくらいでは回復しないような疲れのことを「慢性疲労」と呼びます。そして、この慢性疲労の蓄積は「慢性疲労症候群」や「うつ病」といった心の病の原因となってしまいます。これらの病を発症してしまうと、回復するまでに長い期間を要する結果となってしまいます。

現代人は疲れに対して鈍感です。特に、日本人は頑張りすぎてしまう傾向にあり、常に疲れている状態です。しかし、疲れていても「疲れた」とはいえない厳しい現代社会。だからこそ、日々の体のケアや心のメンテナンスは非常に重要なのです。

当ブログでは、そんな「疲れた」人にとって有益となるような情報を公開しています。私自身も仕事を頑張りすぎてしまった結果、心と体を壊してしまった過去があります。その過去と照らし合わせながら、「疲れる前に休む」ことの重要性と、「ストレスを溜めない生き方」に焦点を当てつつ、ゆるい形で記事を日々更新しております。

当ブログの記事を通じて、疲れとストレスに対して何かしらのヒントを掴んで頂ければ幸いです。

コンテンツ一覧

慢性疲労と疲れの知識

慢性疲労と疲れの知識へ

睡眠とストレスの知識

睡眠とストレスの知識へ

うつ病と心の病

うつ病と心の病へ

最新情報

2015年1月20日心の処方箋
認めてもらいたいと思う前に自分を疑ってみる
2015年1月20日心の処方箋
悩みの9割は考え方の偏りに原因がある?
2015年1月18日うつ病関連
うつ病告白 渡辺正行も苦しんだ「男性更年期障害」の深刻度
2015年1月16日疲れを軽減する考え方
飲みニケーションも程々にしなければ疲れの原因となってしまう
2015年1月15日疲れを軽減する考え方
誇張や見栄やハッタリは自尊心(プライド)を守るためにも必要

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ