カフェイン

この記事の所要時間: 053

カフェインは、プリン環を持つプリンアルカロイドの一種で、コーヒー類に含まれることからこの名があります。カフェインが含まれている主な飲み物に、コーヒー、コーラ、緑茶、紅茶、ウーロン茶、ココア、チョコレート、栄養ドリンクなどがあります。また、一部の医薬品にも含まれています。

お茶に含まれるカフェインはタンニンと結びつくために、その効果が抑制されることから、コーヒーのような興奮作用は弱く緩やかに作用します。白色の針状または六角柱状結晶で匂いはなく、味は苦く、昇華性があります。

以下に、カフェインの主な作用を箇条書きで紹介します。

  • 覚醒作用
  • 脳細動脈収縮作用
  • 利尿作用
  • 不眠(眠気覚まし)
  • 倦怠感の改善

カフェインの副作用

カフェインの摂りすぎは副作用を招き、不眠や血圧の上昇、骨を弱くするといったものがあります。また、カフェインの摂取は一時的に頭痛を和らげますが、過剰摂取となると、逆に頭痛を引き起こす原因ともなります。

良薬口に苦しで、何事も摂りすぎは禁物ということですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)