ナルコレプシー(居眠り病)とは?

この記事の所要時間: 029

ナルコレプシー(narcolepsy)は、日中において場所や状況を選ばず起きる強い眠気の発作を主な症状とする脳疾患(睡眠障害)のことです。居眠り病とも呼ばれており、専門的にはナルコシプシーと呼びます。

原因としては、オレキシンが欠乏することが関連しているのではと言われていますが、現在も研究が続けられています。

ナルコレプシーは過眠症の一種ですが、日中に感じる強い眠気の要因は他にも様々な種類が確認されています。

>>過眠症の種類と原因・治療法について

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)