産業医とは?

この記事の所要時間: 143

産業医とは、企業で働いている労働者の健康を守るために働いている医師のことで、日本においては常に50人以上の労働者を雇用する事業者に対しては、産業医を選任することが義務付けられています。

産業医の職務内容は、従業員(労働者)に対する健康診断の実施と、その結果に対する対応、なんらかの健康被害が起こった際の調査や再発防止の処置などがあります。

産業医

産業医(さんぎょうい、英: Occupational Health Physician)は、企業等において労働者の健康管理等を行う医師である。労働安全衛生法により、一定規模の事業場には産業医の選任が義務付けられている。

wikipedia 産業医より

産業医とは?

産業医とは、事業場において労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、専門的立場から指導・助言を行う医師を云います。産業医学の実践者として産業保健の理念や労働衛生に関する専門的知識に精通し労働者の健康障害を予防するのみならず、心身の健康を保持増進することを目指した活動を遂行する任務があります。

出典:http://www.tokyo.med.or.jp/sangyoi/whats.html

産業医とは

工場や会社で労働者の心身の健康管理や作業環境・労働衛生管理などを行う専門医または資格。常時50人以上の労働者を使用する事業場には産業医の選任が義務づけられている。選任形態は嘱託(非常勤)と専属に分かれ、日本では嘱託が大半を占める。産業医は「労働安全衛生法」により厚生労働省令で定める一定の要件を備えた者」とされ、①厚生労働大臣が定める産業医研修(日本医師会認定の研修と産業医科大学の講座)の修了者、②労働衛生コンサルタント試験(保健衛生)の合格者、③大学で労働衛生を担当する教授・准教授などが要件として含まれる。近年、産業医の業務はメンタルヘルスや過重労働などに関する業務が増えている。

コトバンク 産業医より

参考リンク(外部サイト)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)