エストロゲンとは?

この記事の所要時間: 122

エストロゲンは、主に卵巣から分泌されるホルモンのことで、「エストロン」「エストラジオール」「エストリオール」の3種類に分類されます。

エストロゲンの働きによって、第2次性徴期が出現したり、乳腺の発育や月経がみられるようになります。

また、科学的にエストロゲンを合成した製剤は、不妊治療や経口避妊薬(避妊ピル)、更年期障害の治療等に用いられており、そのことからも「女性ホルモン」や「卵胞ホルモン」と呼ばれることもあります。

エストロゲン

エストロゲン(米: Estrogen, 英: Oestrogen, 独: Estrogene)は、ステロイドホルモンの一種。一般に卵胞ホルモン、または女性ホルモンとも呼ばれる。
エストロゲン(米: Estrogen)の語源は、ギリシャ語の“estrus(発情)”と、接尾語の“-gen(生じる)”から成り立っており、エストロゲンの分泌がピークになると発情すると言われたことに由来する。

wikipedia エストロゲンより

エストロゲン【estrogen】

雌の動物に発情estrusを起こさせるものという意味で,一群の雌(女)性ホルモンをさし,発情ホルモン,卵胞ホルモン,濾胞ホルモンともよばれる。動物体内で分泌されるエストロゲンはすべてステロイドで,A環はフェノールである。分泌期のヒト卵胞中には,エストロンestrone,エストラジオール‐17β estradiol‐17β,エストリオールestriolが見いだされ,このうちエストラジオール‐17βが分泌量,生物活性ともに最も高い。

コトバンク エストロゲンより

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)