症状性精神障害とは?

この記事の所要時間: 241

脳以外の体の病気が原因となり、その影響で脳に障害が生じて精神症状が現れるものを「症状性精神障害」といいます。主な症状として意識障害が見られ、原則的に症状は可逆的な経過(元に戻る)を辿ります。

脳は、内分泌機能や栄養状態、酸素供給、体温といった多くの影響に対して非常に敏感に反応します。様々な要因の影響を受けやすいということですが、そのために、これらの要因に変化をきたす病気や病態があると、精神症状にも表れやすくなります。

このような身体疾患に伴う精神障害を「症状性精神障害」と呼び、冒頭でも少し触れましたが、その症状は意識障害として現れてきます。

ちなみに、この病名は幻覚や妄想、興奮、認知症等の重いレベルの症状が出てくる場合に付けられます。なので、身体疾患に伴い、不安や抑うつなどの症状が見られる場合においては該当しません。

内分泌機能の障害

甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)や低下症では、統合失調症や気分障害に似た精神症状が出てくることがあります。

治療は原疾患治療とともに、抗精神病薬や抗うつ薬、気分調整薬が適応されます。また、副腎皮質ホルモン薬(ステロイド薬)は色々な病気で処方されますが、この薬は精神障害(ステロイド精神病)が出やすいという特性があることが知られています。

症状としては、統合失調症や気分障害、意識障害をベースとした精神症状など、様々な症状が現れてきます。

治療はステロイド薬の減量と薬物療法、そして精神療法が主体となります。

その他の内分泌機能の障害

他にも、月経や妊娠、出産に関連して精神障害が発生する場合もあります。

うつ病やうつ状態が最も多く、産後ではせん妄や幻覚、妄想、うつ状態、躁状態など、産褥(さんじょく)精神病の形をとることもあります。この場合、治療は精神科治療に準じることとなります。

代謝障害

代謝障害によって発生する精神症状には、肝硬変が進行した場合に起こる「せん妄状態(意識混濁に加えて幻覚や錯覚が見られるような状態)」などの精神症状(肝性脳症)や、尿毒症でみられるせん妄状態、ビタミン欠乏症によるせん妄、幻覚、健忘(ウェルニッケ脳症)などがあります。

また、人工透析を続けているうちに、記憶障害や認知症、性格の変化(怒りっぽくなる、攻撃的になるなど)が現れることもあります。この場合、原疾患の治療と共に、薬物療法や精神療法を加味した治療が行われます。

その他の症状性精神障害

精神症状を伴うことが多い「全身性エリテマト-デス」では、躁状態やうつ状態、幻覚や妄想、せん妄状態等、多くの症状が現れます。

また、感染症等で高熱が出た場合や、心疾患等で全身の循環が悪くなっている場合、脳への酸素供給が低下してしまう呼吸器疾患でも、せん妄状態となることがあります。

他にも、手術の後にせん妄状態となることもあります。これは、元々の患者が重症であったり、手術の侵襲(しんしゅう:生体内の恒常性を乱す事象全般を指す医学用語)が大きかったり、患者が高齢であったりすると、せん妄になる確立が高くなるようです。

ただし、この状態は殆どの場合において一時的なものであり、時間経過と共に回復することが多い様です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)