オレキシン

この記事の所要時間: 025

オレキシン (orexin) は1998年に発見された神経ペプチドで、オレキシンAとオレキシンBがあります。視床下部外側野に存在する神経細胞がオレキシンを産生していて、ヒポクレチン(hypocretin)と呼ばれることもあります。

オレキシンは、食欲や報酬系に関わるほか、睡眠や覚醒を制御することが知られており、オレキシンをつくる神経細胞が消滅するとナルコレプシーという睡眠障害になってしまうという研究結果も報告されています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)