朝食を抜くと疲れやすくなる

この記事の所要時間: 147

「朝は忙しいから、コーヒーや野菜ジュースだけで済ます」といったサラリーマンも多いのではないでしょうか?しかし、朝食を抜いてしまう生活は、疲れやすい体質になってしまう要因の一つです。

朝食抜きの習慣が悪循環を生む

その日の活動を始めるためのエネルギーを補給するには、まずは朝食から摂る必要があります。それなのに、朝食を食べずに出社してしまうものですから、体も頭もエネルギー不足に陥ってしまい、朝からなんだか体が重たく、頭の回転もイマイチといった状態となります。

そんな状態でも、仕事は待ってはくれません。動かない体を無理やり動かして仕事を進めていくわけですが、そんな状態で進めていけば、当然疲れもたまってきます。

そしてお昼ともなると、朝食を食べていないために、お腹はペコペコの状態です。結果、牛丼やラーメンの大盛りをドカ食いしてしまい、必要以上にカロリーを摂取してしまう結果となります。そして午後、食べ過ぎたために、頭はぼーっとし、眠気が襲ってきますが、仕事はやらなければなりません。ここでもまた、動かない頭と体を無理やり動かして働くわけです。

このような状態では、良い仕事、良い成果を上げる事ができず、そして疲労感もどんどんと溜まっていってしまい、悪循環に陥ってしまうのです。

炭水化物で頭と体にエネルギーを

悪循環に陥らないためにも、朝食はしっかりと摂ることが大切です。朝はコーヒーだけでなく、パンやおにぎり等の炭水化物を摂るようにします。炭水化物は頭と体を動かすのに必要な栄養素なので、午前中に力が出ず、頭の回転が悪いといったこともなくなります。

家族団らんで元気の源をのページの中で「コンビニや外食で済ます食事よりも手作りを」と紹介しましたが、だからといって何も食べないというのは論外です。ダイエット中だからといって、朝食を抜いてしまうのもオススメできません。ダイエット中であっても、しっかりと朝食を摂る事をお勧めします。

参考記事(外部リンク)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)