「睡眠指針」11年ぶり改定へ 生活習慣病や心の健康も指針に

この記事の所要時間: 133

厚生労働省は、充実した睡眠のために定めた「睡眠指針」を11年ぶりに改定し、新たに、「生活習慣病」や「心の健康」が、睡眠に影響することを指針に加える案を示した。

2003年に定められた「健康づくりのための睡眠指針」では、必要な睡眠時間は人によって異なり、8時間にこだわるべきではないとしたほか、「睡眠薬代わりの寝酒」は睡眠の質を悪くするなど、7つの指摘が盛り込まれた。

3日の検討会では、新たに、肥満は「睡眠時無呼吸症候群」の原因の1つとなることや、眠れず、日中もつらい時には、うつ病の可能性があることを指針に追加する案が示された。

厚労省は、3月までに、新たな指針を決定する方針。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140203-00000377-fnn-soci

睡眠時無呼吸症候群に要注意

厚生労働省が11年ぶりに睡眠指針を改定するようです。睡眠の大切さはあちこちで語られてきましたが、実際は寝不足気味であったり、質の良い睡眠をとれていないという人も多いとされています。

睡眠とうつ病発症の関係が指摘される中、あらたな睡眠指針に基づいて、健康的な睡眠を取れるように心がけたいものです。

関連サイト(外部リンク)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)