抜毛症(ばつもうしょう)の原因と治療について

この記事の所要時間: 125

頭髪やまゆげ、髭などを無意識のうちに抜いてしまう癖のようなものです。症状が続くと、頭やまゆげが部分的になくなった状態になります。症状としては学童期から思春期の女子に多くあらわれるようです。

抜毛症はなんらかの心理的な要因があるために起こるもので、本人が毛を抜いていると自覚していることもありますが、知らず知らずのうちに抜いているような場合もあります。治療のために精神療法が適応される場合もあります。

抜毛症は別名「抜毛癖(トリコチロマニア)」ともいいます。

抜毛症(ばつもうしょう、Trichotillomania、トリコチロマニア)とは、正常な毛を引き抜いてしまう性癖によって頭部に脱毛斑が出現する精神疾患。抜毛癖(ばつもうへき)、禿頭病(とくとうびょう)とも呼ばれる。DSM-IV及びICD-10では、習慣および衝動の障害 (habit and impulse disorders) の中の一項目として挙げられている。本人が全く自覚せずに、無意識のうちに抜いている場合もある。

引用元:wikipedia 抜毛症より

抜毛症の原因

抜毛症の大きな原因として挙げられるのが、日々のストレスや精神的負担、欲求不満などです。そして、症状はその多くが小学生や幼稚園児に見られますが、大人でも発症します。

また、髪の毛やまゆげを抜く以外にも「チック」と呼ばれる症状や、爪を噛む癖、指を吸うといった症状が同時に見られる場合もあります。

抜毛症の治療

毛を抜いていることを指摘し、自覚させることで症状が治まる場合があります。しかし、難治の場合は心理カウンセリングを利用したり、精神神経科での治療を必要とする場合もあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)