行為障害とは?

この記事の所要時間: 140

行為障害とは、例えば子どもが行うような「いたずら」が、通常のいたずらに比べて遥かに度を越えたような行為がみられた際に診断されるものです。

本人には自覚が無くとも、周りから見れば明らかに異常と思われる行動は、子どもから大人へ成長したとしても変わるものでは無く、後遺障害によって凶悪な犯罪に繋がってしまう可能性もあるのです。

後遺障害に関係する行動には、一般的に以下の様なものが確認されています。

  • 頻繁な喧嘩
  • 癇癪(かんしゃく)
  • 大人への口論や挑戦
  • バットやナイフといった危険物の使用
  • 動物や他人への残虐行為
  • 他人の所有物の破壊
  • 放火
  • 窃盗
  • 万引き
  • 住居侵入
  • ゆすり
  • 強盗
  • いじめ等

これらの行為は、社会的には非行として処遇され、矯正的な治療の対象になることが多いのですが、彼らの行動は大人となんら変わり無く、反社会的な名に値するものであることから、近年では社会的関心も高くなっています。

行為障害(こういしょうがい、conduct disorder)とは、反復し、持続する反社会的、攻撃的、反抗的な行動パターンを特徴とし、年齢相応の社会規範や規則を大きく逸脱しているものを指す。それ故、通常の子どもっぽい悪戯や青年期の反抗に比べてより重篤である。これは「非行」という司法行政的な概念で論じられてきた範疇のものを多く含んでいる。但し反発の反社会的、あるいは犯罪的行為は、持続しなければ、それ自体では行為障害とは診断されない。

引用元:wikipedia 行為障害より

幼児期~青年期に診断される精神障害の1つで、他人への攻撃、規則違反などの反社会的行動をくり返すとされています。

引用元:コトバンク 行為障害とは?より

関連リンク(外部サイト)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)