精神遅滞とは?

この記事の所要時間: 238

知的障害とも呼ばれます。全体的な知的機能の発達が遅れたり停止したりしている状態で、社会生活で援助が必要です。発達の途中であきらかになってきます。

原因はいろいろですが、大部分の精神遅滞は特別な原因はなく、たまたま知能レベルが低く生まれついたことによるものです。

その多くが軽度の精神遅滞の領域に入ります。また妊娠中や出生時の障害が原因でなるもの、遺伝子レベルの異常でなるものもあり、これらでは比較的重度の領域に入るものが多いのです。

知的能力の検査には、ウェクスラー児童用知能検査(WISC)田中・ビネ式知能検査などを用います。また、先天性の異常やホルモン異常などを早期に発見するには、生後間もない時期のスクリーニングが必要です。

ウェクスラー児童用知能検査(WISC)

ウェクスラー成人知能検査(ウェクスラーせいじんちのうけんさ、Wechsler Adult Intelligence Scale、略称WAIS)は、16歳以上の成人用に標準化された、ウェクスラー・ベルビュー知能検査(1939年)の改訂版として、1955年2月に出版された、知能(IQ)を測るための一般的な検査である。

引用元:wikipedia ウェクスラー成人知能検査より

田中・ビネ式知能検査

田中ビネー式知能検査(たなかビネーしきちのうけんさ)とは、心理学者の田中寛一によって、1947年に出版された日本のビネー式知能検査の一種。1954年、1970年、1987年と改定され、現行のものは2005年に田中ビネー知能検査Vとして出版された。

1987年版までは、ビネー式の特徴である精神年齢と生活年齢の比によってあらわされる本来の定義による知能指数(比率IQ)を算出するようになっていたが、田中ビネー知能検査Vでは、14歳以上の被験者には精神年齢を算出せず、もっぱら偏差値知能指数だけを求めるようになっている。14歳未満の児童にも必要に応じ偏差値IQが出せるようになっているが、採点マニュアルを参照すると、偏差値IQは比率IQより、きつめに数値が出るようである。これは、早くから実務者の間で、田中ビネーはウェクスラーテストより10程度高い数値が出るといわれていたことを裏書するものとなっている。また14歳以上では結晶性、流動性、記憶、論理推理の4分野についてそれぞれ偏差値IQを出すことができる。

引用元:wikipedia 田中ビネー知能検査より

精神遅滞の重症度は、その知能検査で測定されるIQによって分類されます。IQ85以上が正常、IQ70~85が境界、IQ50~70が軽度、IQ25~50が中等度、IQ25以下が重度です。

治療やケアでは、就学・就労・家庭生活場面などへの援助や生活指導などが中心になります。また社会復帰施設などの整備も重要です。

この病態そのものは精神科的な治療の対象ではありませんが、精神症状が出やすいこともあり、治療の対象になることが多いとされています。

症状としては、情動不安定、攻撃的、興奮、うつ状態、幻覚、妄想などがみられます。また癲癇(てんかん)症状がみられることも多く、薬物療法が適応されることもあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)