児童期・青年期に見られる心の病の特徴

この記事の所要時間: 112

児童期や青年期にみられるこころの病気にはいくつかの特徴があります。まず、発達途上にある時期であるので、障害が一時的なものに終わることが多いということです。

次に、両親を主とする家族関係の影響を受けやすいということ、そして、成人の病気がそのまま出てくるのではなく、独特の現れ方をするとい特徴があります。

また、言語的な発達が十分でないために、行動面の障害として現れることが多いのも特徴として確認されています。さらに、行動障害が強いために重症とみなされてしまうということもしばしば起こります。

発達段階の一時期に障害が生じると、その時期の発達が遅れて結果的に精神遅滞と似たような状態になることがありますが、障害の二次的な影響を受けることがあるのも児童期・青年期における心の病気の特徴です。

尚、児童期、および青年期に起こる心の病の診断や治療、ケアなどは、児童精神医学にくわしい専門医や臨床心理士がおこなっています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

児童期・青年期に現れる心の病気

うつ病や躁病、その他の精神疾患は、慢性疲労やストレスの度合いが強い社会人に多いと思われがちですが、児童期や青年期においても、様々な要因で行動面や情緒の障害が確認されています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)