睡眠時随伴症(パラソムニア)とは?

この記事の所要時間: 057

睡眠時随伴症(パラソムニア)では、夜尿(おねしょ)や悪夢、夜驚症、夢中遊行、寝ぼけ、寝ごと、いびきや歯ぎしりといった症状が現れます。特に小児期に多いのが特徴です。

  • 夜驚症・・・睡眠中に突然起き出し、叫び声をあげるなどの恐怖様症状を示す症状。
  • 夢中遊行・・・睡眠時遊行症(すいみんじゆうこうしょう)とも。睡眠中に発作的に起こる異常行動のことです。夢遊病や夢中遊行症とも呼ばれています。

また、最近注目されるものに「レム睡眠行動障害」があります。いつも同じような夢を見て、寝ぼけて殴りかかってきたり、蹴る・飛びかかるといった行動が現れ、大声を出すといった特徴があります。

レム睡眠行動障害は高齢者に多いことがわかってきており、症状が強い場合は薬物療法の適応になります。

レム睡眠行動障害

レム睡眠行動障害(レムすいみんこうどうしょうがい、REM sleep behavior disorder、RBD)とは、レム睡眠の時期に体が動き出してしまう睡眠障害の1つ。睡眠時随伴症に分類される。

引用元:wikipedia レム睡眠行動障害 より

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)