脳血管性認知症

この記事の所要時間: 055

脳の血管は神経細胞の働きを支えており、大変重要な役割を担っています。しかし、その血管になんらかの障害が発生すると、認知症の症状が出てくることがあります。

症状は、脳卒中の発作後に急に現れたり、小さな脳梗塞を繰り返すうちに、いつのまにか出てくることがあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

症状の特徴・検査・治療方法について

症状の特徴としては、アルツハイマー病と違って人格(人柄)がしっかりしていること、ちょっとしたことで泣いたり怒ったりすること(感情失禁)や、麻痺や言語障害等の神経症状を伴いやすいことが挙げられます。

検査においては、頭部のCT検査やMRI(磁気共鳴画像法)で梗塞等の異常が見つかります。

治療については、薬物療法と生活指導が重要となります。薬物療法では高血圧や動脈硬化症のための治療薬や、脳循環改善薬、脳代謝改善薬などを使用します。そして、生活指導においては食事療法や運動療法を併用します。

現時点での治療効果はアルツハイマー病に勝りますが、重病の場合であれば、介護のレベルはアルツハイマー病に準じることになります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)