マンガを通じて「うつ」を理解してうつ病と向き合うためのヒントにする

この記事の所要時間: 143

少し前に、「うつを理解し、向き合うヒントになるマンガ5選」という記事を見る機会があったのですが、その記事の中で紹介されていた漫画5つを、当ブログでも紹介しておきたいと思います。

関連記事:現役女子高生が描いたマンガ『メンヘラちゃん』 琴葉とこインタビュー

メンヘラちゃん(琴葉とこ/イースト・プレス)

「今日こそ笑顔で話したい」
ネガティブに前向きな女の子・メンヘラちゃん。体は弱いが妄想は暴走する腐女子・病弱ちゃん。心身ともにふつうな男の子・けんこうくん。そんな中学生3人の、ほのぼのブラックな日常。
現役女子高生作家による、切なくも愛おしい等身大の物語

ツレがうつになりまして(細川貂々/幻冬舎)

スーパーサラリーマンだったツレがある日、突然「死にたい」とつぶやいた。会社の激務とストレスでうつ病になってしまったのだ。明るくがんばりやだったツレが、後ろ向きのがんばれない人間になった。もう元気だったツレは戻ってこないの?病気と闘う夫を愛とユーモアで支える日々を描き、大ベストセラーとなった感動の純愛コミックエッセイ。

ブラックジャックによろしく(精神科編)(佐藤秀峰/講談社)

NHKにようこそ!(滝本竜彦:原作、大岩ケンヂ:作画/角川書店)

俺は気づいてしまった。俺が大学を中退したのも、無職なのも、今話題のひきこもりなのも、すべて悪の組織NHKの仕業なのだということを!…だからといって事態が変わるわけでもなく、ずるずるとひきこもる俺の前に現れた清楚な美少女、岬ちゃん。「あなたは私のプロジェクトに大抜擢されました」って、なにそれ?エロスとバイオレンスとドラッグに汚染された俺たちの未来を救うのは愛か勇気か、それとも友情か?驚愕のノンストップひきこもりアクション小説ここに誕生。

マンガで分かる心療内科(ゆうきゆう:著、ソウ:イラスト/少年画法社)

うつ ED 認知症 幻聴 小児性愛…
心療内科の病気のすべてを笑いながら学べる!
メンタルクリニック院長がお届けする
笑えて学べる異色の心療内科マンガ!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)