うつ病告白 渡辺正行も苦しんだ「男性更年期障害」の深刻度

この記事の所要時間: 225

更年期障害といえば、女性特有の病気と思われがちですが、男性にも更年期障害は存在しています。まだまだこれから、働き盛りの男性(40代から50代)に突然襲い掛かる様々な症状・・・。

更年期障害が原因と思われる体の不調に苦しんでいる男性は非常に多いとされていますが、芸能人の渡辺正行さんもその中のひとりだったそうです。現在は回復したとのことで、今だからこそ話せる内容が記事として紹介されていましたので、当ブログでも紹介したいと思います。

以下は一部を引用したものとなりますので、続きは日刊ゲンダイさんのホームページで御覧ください。

あんなに元気そうに見えたのに……。コント赤信号の「リーダー」渡辺正行(58)が、かつて男性更年期障害を患っていたことを明かし、ちょっとした話題になっている。

先日の「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)に出演した際、過去のうつ病を告白した出演者の再現VTRを見ながら「俺も昔うつになったことがある」と涙ながらに告白。50歳のころ、出演した舞台の初日にこれまで経験したことがないほどあがってしまい、それ以後も治まらなかったという。

医師に相談したところ、「男性更年期障害」によるうつ病だと診断されて薬を服用。いまはすっかり回復したというが、当時はかなり苦しんだようだ。「弘邦医院」(東京・葛西)の林雅之院長は言う。

「男性更年期障害は、近年よく耳にするようになった言葉です。テストステロンなどの男性ホルモンが体内で減少することが原因で、LOH症候群とも呼ばれています。筋肉量が低下し、性欲減退、ED、うつ、疲労感、やる気の低下、物忘れなど、さまざまな症状が出てきます」

続きはこちら:http://nikkan-gendai.com/articles/view/life/156449

更年期障害とは?

更年期障害(こうねんきしょうがい、英: menopause, postmenopausal syndrome、PMS)とは、卵巣機能の低下によるエストロゲン欠乏、特にエストラジオールの欠乏に基づくホルモンバランスの崩れにより起こる症候群。

女性では、閉経(50歳前後)に女性ホルモンであるエストロゲンが低下が低下することにより発生する。医師により「更年期障害」と診断される人は、更年期女性の2-3割とされ、心身の不調(ほてり・のぼせなどの血管運動神経症状)を呈する。

男性では、概ね40歳以降、加齢やストレスなどにより男性ホルモンであるテストステロンが低下することにより発生する。

wikipedia 更年期障害より

参考サイト(外部リンク)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)