生活の環境が変わると「気疲れ」する

この記事の所要時間: 36

日々の生活の中で、自信が置かれている環境が変化すると、まず最初に「気疲れ」が襲ってきます。この気疲れは様々な場面で遭遇するのですが、特に大きな気疲れとなるのが、生活の環境によるものです。

慣れない職場での気疲れ

新入社員の頃や、アルバイトを始めたばかりの頃というのは、特に気疲れするタイミングでしょう。新人なので、それほど大きな仕事を任されるわけでもなく、研修といった試用期間もあり、会社に長く時間を拘束されることもありません。体力的にも余裕があります。それなのに、自宅に戻ると襲ってくる「ぐったりとした疲れ」を感じたことはありませんか?

この疲労の正体が「気疲れ」です。慣れない場所、初めて会う人々に囲まれて、ずっと緊張している状態が続きます。何か仕事を行なっている最中でも、周りの先輩や上司からずっと見られているような気がする。余計に「ミス」や「怠慢」といったものに敏感となり、緊張はさらに強くなり、「気疲れ」に繋がっていきます。

そのような「気疲れ」がずっと続くわけですから、肉体的にも余裕があり、定時で帰ったとしても、ぐったりと疲れてしまうわけです。現に、現在の慣れた職場で定時で帰れたとしたらどうでしょう?入社すぐの頃よりも、何倍も難易度が高く、多くの数をこなしているにも関わらず、帰宅する頃には気分は高揚し、同僚達と一杯いこう!とテンションも上がっていることでしょう。

このように、気疲れに対する解決策は、「慣れ」ることが一番です。仕事や人間関係に慣れ、自分のペースで仕事をこなせるようになってくれば、気疲れは少なくなっていきます。

新しい職場に出来るだけ早く慣れるコツ

しかしながら、職場にも慣れ、人間関係も良好となり、仕事も捗る環境になった頃にやってくる、「転勤」や「人事異動」は、サラリーマンである以上、可能性として常に考えなくてはなりません。転勤や異動となれば、再び新しい環境に慣れていく必要があり、「気疲れ」も再び襲ってくるのです。

では、このような新しい環境に慣れるためにはどうすればよいか?それは、まずは人間関係の良好な構築にあるといえます。

相談を気軽に話せる友人、昼食を共にする同僚といった具合に、そこで働く人々と、仕事以外で職場で絡む機会を増やすことです。新しい環境で、気疲れしてしまい、せっかく誘われた新人歓迎会を断ってしまったり、個人的に飲みに誘われているにもかかわらず断ってしまったりと、人と話す機会を逃してしまっては、良い人間関係を作る事は出来ません。

新しい仕事を覚える事も勿論重要です。ですが、「早くまわりから早く認められたい」とか、「上司にも仕事ができる人間だと思われたい」といったような焦りは禁物です。「自分でできる範囲で、背伸びせずにできるだけ早く」を心がけ、周りとの軋轢を生まないようにし、功名心に走るのはやめておきましょう。

新しい職場では、どんな出来事が些細な歪を生むか分かりません。荒波立てず、その職場にいる人たちと上手く溶け込んでいくことで、その職場に早く慣れることができますし、その分、気疲れも少なくてすむのです。

  • 最初の1ヶ月間は、与えられた仕事を覚える事に専念する。
  • 人間関係を構築することに気を配る。
  • 飲みに誘われたとき等は、よっぽどの理由が無い限りは断らない。
  • 休憩時間等、自分からも積極的に話しかけていく。
  • 仕事に関する質問も積極的に行い、コミュニケーションを図る。

新しい環境に慣れるコツをいくつか紹介しましたが、他にも様々な方法があると思います。自分に合った方法というものを確立し、いつ何時、新しい環境に飛び込んだとしても、すぐに慣れることができる「タフ」で「社交的」な強い性格を目指しましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)