会社と自分の成長を照らし合わせる働き方をする

この記事の所要時間: 256

会社では厳しいノルマを課せられ、日々、そのノルマを達成するために身を粉にして働いている人も少なくありません。でも、毎日をそのような状態で過ごしていけば、働くことが虚しくなってしまいます。

  • 今月の売上げのノルマ
  • こなす仕事量のノルマ
  • 社内企画に対する数字のノルマ
  • 新規顧客数のノルマ
  • 生産数のノルマ

ざっと上げただけでも、会社にはこれだけのノルマが存在します。大きな目標として、その会社全体の「売上げ」に対するノルマがあり、それに続く形で、部署内でのノルマや個人のノルマといった具合に、細かく数字目標が決められている事が多いと思います。

経営者の立場としては、そういった数字目標を立てずに事業展開していくことはまずありえませんので、ノルマを課せられるということには大きな意味があるのも事実。しかし、日々ノルマを達成するだけの仕事に空しさを感じ、日々の業務をただ淡々とこなすだけでは、仕事に意味を持てず、疲れも溜まってしまい、働く事が辛くなってしまします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

会社の目標に自分の夢を照らし合わせる

では、仕事にやりがいや生きがいを持つにはどうすればよいか?自分に無理をさせない働き方の項目では、主に日々の働き方に関して紹介しましたが、この記事も含めた活力が出ない人の特徴の項目では、「働く際の考え方」に焦点を絞って紹介しています。働く事に対する考え方一つで、「疲れ方」は大きく変わってくるということを書いていますが、今回の例でもそれは当てはまります。考え方としてはこうです。

「会社から強制されるノルマに、自分なりの意味や希望、夢といったものを加味」すること。

例えば、「会社の売上げ目標を達成して、ボーナスで欲しかった大型バイクを購入しよう。そして、そのバイクで次のゴールデンウィークは九州をキャンプしてまわろう!」とか、「ボーナスを頭金にして夢のマイホームを購入する」といった具合です。

ノルマを達成していけば、昇給に加えて昇進もありえます。そうすれば、より収入は安定し、家庭を持って幸せな家庭を築く事だってできます。

頑張った結果、お金に余裕ができれば、自分へのご褒美として、ちょっとした贅沢だって許されるのです。

会社の成長と共に、自分も確実に成長していく。そして収入面でも余裕ができ、心にもゆとりが生まれてきます。

会社の成長は自分の成長と考える

このように、会社が目指す部分と、自分が目指している部分とを重ね合わせ、会社の成長=自分の成長と考えます。そうすれば、自分の目指すべき目標のために頑張っているともいえますので、そこに働く意味や喜びといった「やりがい」が生まれてきます。

もちろん、このような考え方を今すぐに持てというのは難しいものがあります。でも、普段からこのような考え方を持つ事で、その考えが当たり前となり、いつのまにか仕事にやりがいを感じるようになってきます。

一方、いつまでも「疲れた」とか、「仕事が楽しくない」「仕事をやめた」といった後ろ向きな考えを持っている人は、夢と希望を仕事に見出して頑張っている人と比べて、1年後に確実に差がついてしまいます。

考え方一つで、結果は大きく変わってきます。考え方がマイナスに向いてしまうと、いくら仕事を頑張っても、情熱を燃やしても、肉体的・精神的な疲労はどんどんと蓄積していき、いつかはうつ病や胃腸の不調を訴えて病院にかけこむ・・・といった結果になってしまうのです。

そうならないためにも、今回の記事の内容を心に留めておいてもらいたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

慢性的な疲れを抱えている人へ

一つの会社に一生を捧げるのも良いですが、体を壊す前に転職も考えてみましょう。リクナビNEXTのスカウト登録を行っておけば、希望の条件に適した企業からのオファーが届きます。採用側も、まずはリクナビに登録しておけば人材が確保できると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)